社会福祉士になる方法とお給料

将来性

社会福祉士は年々ニーズが高まっている専門職で、また活躍の場も広がってきています。国も社会福祉を進める中で、社会福祉士を中心にしていこうとしています。

福祉事務所への社会福祉士の活用

社会福祉施設の施設長や生活指導員についても社会福祉士の任用の促進

司法・労働・保健医療などの分野においても、社会福祉士の職域拡大に努める

社会福祉士や介護福祉士の社会福祉士の社会評価に見合う処遇の確保

介護保険の事業者に支払われる介護報酬の見直し

今では、職員採用の際に、社会福祉士資格を持っていることが条件となることも増えてきていて、社会福祉の仕事に就く前提として、社会福祉士であることが求められています。
但し、仕事内容が大変なのに対して、給料が安いというイメージがあり、現場では人材不足になっていて、また社会福祉系の大学では、定員割れのところもあり、大変大きな問題になっています。
収入は決して生活できないような収入ではなく、社会福祉士の仕事はそれ以上に働く喜びを感じられる職業です、
社会福祉士の仕事は、お金のためではなく、もっと大事なものを教えてくれます。日常生活のなかで援助を必要としている人に、全ての人々が生きる喜びを感じていいのですよと伝えることができる、とても大切な仕事なのです。