社会福祉士になる方法とお給料

教育カリキュラム

社会福祉士国家試験の受験資格を得るために必要な科目があります。5科目郡で22科目に分かれています。これらの科目群から必要な科目を履修する必要があります。
より実践力のある社会福祉士を養成するために、新たに増えているものがあります。社会福祉士には、幅広い知識や教養、具体的な援助技術が求められています。

Ⅰ.人・社会・生活と福祉の理解に関する知識と方法
「現代社会と福祉」「社会調査の基礎」は必修
「人体の構造と機能及び疾病」「心理学理論と心理的支援」「社会理論と社会システム」のうちから
1科目必修

※但し、この3科目は国家試験科目であり、ここから出題される問題も多くあり、全部履修した
ほうがいい。

Ⅱ.総合的かつ包括的な相談援助の理念と方法に関する知識と技術
「相談援助の基盤と専門職」「相談援助の理論と方法」は必修

Ⅲ.地域福祉の基盤整備と開発に関する知識と技術
「地域福祉の理論と方法」「福祉行財政と福祉計画」「福祉サービスの組織と経営」は必修

Ⅳ.サービスに関する知識
「社会保障」「高齢者に対する支援と介護保険制度」「障害者に対する支援と障害者自立支援制度」
「児童や家族に対する支援と児童・家庭福祉制度」「低所得者に対する支援と生活保護制度」「保健
医療サービス」は必修
「就労支援サービス」「権利擁護と青年後見制度」「厚生保護制度」のうちから1科目選択必修

※但し、この3科目は国家試験科目であり、ここから出題される問題も多くあり、全部履修したほう
がいい。

Ⅴ.実習・講習
「相談援助演習」「相談援助実習指導」「相談援助実習」が必修