社会福祉士になる方法とお給料

受験資格を得る

社会福祉士の国家試験は毎年一回行われますが、受験資格を得るにはどのような方法があるのでしょうか。通信教育を行っている施設もありますので、近くに指定養成施設がなかったり、通学が困難な場合には、通信教育も利用できます。

①福祉系大学など
4年制の福祉系大学で指定科目(18科目)を履修します。または、2年制や3年制の福祉系短期大学で指定科目を履修後に指定施設での実務経験を行う。

②行政職短期養成施設
行政機関で児童福祉司、身体障害者福祉司、知的障害者福祉司、査察指導員、老人福祉指導主事などで4年以上の実務経験があり、6ヶ月以上短期養成施設で学ぶ。

③福祉系大学などの短期養成施設
4年制の福祉系大学で基礎科目(12科目)を履修した後、もしくは福祉系短期大学で基礎科目を履修し、さらに卒業してから指定施設での実務経験を積んだ後に、6ヶ月以上(660時間)短期養成施設で学ぶ。

④一般養成施設
福祉系ではない大学や短期大学を卒業した場合、厚生労働省が指定する1年以上(1200時間)の一般養成施設で学ぶ。